2018年4月18日水曜日

AIロボット実験のお仕事 高額バイト体験談

最近は様々なAIロボットが私たちの生活に密接に関わってきていますよね。

AIロボットの実験という珍しいバイトをした体験談です。

具体的な内容、企業名は企業機密に関わりますので伏せます。



どこに募集掲載されていたか 応募の流れ

タウンワークに記載されていました。有名企業なので、怪しい内容では無い事は明確で、応募しやすかったです。
募集の内容:男女・年齢・経歴問わず。
仕事内容:AIロボットに話しかける実験。実験者の音声録音をするという内容。
沢山の人の音声データを取りたいとのことで、1000名規模で大量に募集されていました。対象期間中の1日限定 約2時間のみ。交通費支給無し。5000円以上の報酬の単発、高額バイトです。
応募はメールフォームより、希望の日時を第3希望くらいまで書いて応募。
後に企業より日程及び確定の返信メールが来るので、それに返信メールを送信して完了です。

この返信メールを送信しなかった等、よほどの事が無い限り、応募者ほぼ全員合格したと思います。



実験内容 当日

メールに詳細の記載があった通り、指示通りに入館します。
関係者のみ立ち入り可なので、入り口で入館手続きをします。

実験会場に着くと、簡単な事前説明を受けました。
私の他にもう一人実験を受ける方がいました。

実験内容はタウンワークに記載されていた通りの内容でした。
用意された資料の台詞を読み上げ、ロボットに音声と会話を記憶させるという事。
実験後半は、決められた単語を使用して、自分でアドリブで考えた質問内容をロボットに話しかけるという事。

実験内容としては、様々な声質、々な話し方でロボットに話しかけ、それに対しロボットが柔軟に考え、臨機応変に案内、行動できるように色々なパターンを記憶させたいというものでした。

実験者一人が音声を吹き込んでいる間に、もう一人待っている人はロボットに話す台詞を練習したり、自分で考える必要があるものは、何を話すか考えます。

仕事内容自体はとても簡単で、誰でもできる仕事です。
難しい点は、自分でアドリブで質問内容をいくつか考える必要があるところくらいです。



体験した感想

台詞を読んだり、録音したり、声優さんになったような気分で、とても楽しい体験でした。

1日限定、約2時間のみでしたが、5000円以上の報酬を頂きましたので、時給に換算すると、2500円以上という事になります。

ただ、交通費の支給が無いので、実質はその企業の近隣の方のみできるお仕事でした。

また、滅多にこの仕事内容で募集がある訳ではないので、長期のバイトはできず、また単発で募集が出るタイミングを待つのみというのが残念なところです。

また機会があれば是非やりたいバイトです。


このエントリーをはてなブックマークに追加